--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.01/15(Sat)

帯結び練習 

短い帯を結ぶ練習のために着物を着てみました。

DVC00142.jpg
かなり青みがかったエメラルドグリーン地に薔薇の唐草模様の銘仙。
数年前にponia-ponで「akkoさんに似合いそうな着物が入った」と見せていただいたもので、派手ではないけど銘仙らしいpopな鮮やかさが気に入ってます。
帯もponiaの昼夜帯(表はデコ柄なのに、裏は唐獅子牡丹!)、帯留めはかろんさんの薔薇のカメオ。帯締めは先日池田重子展で、あったら便利そうだな・・・となんとなく買ったもので、すぐに役立って良かった。

DVC00143.jpg
あ~やっぱりこの帯好きだわ。
長さが300cmほどしかなく、普通にお太鼓にするには短く、一巻きだけにすると長く、銀座結びなら出来るけど芯がかなり厚いので上から何か羽織るには大きくなりすぎる。
というわけでなかなかうまく結べないでいたのだけど、最近いろいろ実験してみた結果、先にお太鼓作って背負ってから体に巻く、という方法で解決することが判明。

DVC00141.jpg

お太鼓の上の線がちょっとナナメってますが、なんとか結べました。

せっかく着たのでこのままponia-ponに行き、ずっと気になってた着物を思い切って!買ってしまいました。私の好みド・ストライクの今着てもカッコいい、そしておばあちゃんになっても着られそうなステキなもの。早くお披露目したいな~。
スポンサーサイト
EDIT  |  11:37 |  着付け  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2007.10/31(Wed)

帯揚げ結ぶか結ばないか 

着付けで難しいと思うことはいろいろあるけど、そのひとつが帯揚げ。
得意な人にはなんてことないんでしょうが、私には難しいんだな~。

帯の上からちらっと見える帯揚げ、あんまりぎゅうぎゅうに帯に押し込んで見えなくしてしまうのもつまらないし、でも多めに出しすぎると若作りっぽい。ちょうど良い加減が難しい。
また、動いているうちに、だんだん帯揚げが出てきてしまうのも困りモノ。

でも最近ハタと気がついた。
実は私、帯揚げ結んでいなかったの。
結び目がきれいに出来ないと悩んでいたら、「結ばなくても、折りたたむだけでいいんですよ。そのほうがキレイ」と教えてもらって、それからずっと折り畳んで帯にしまう方式を取ってた。

だけど、だんだん崩れてくるっていうのは、やっぱり結んでいないからなんだよね。
少しずつ緩んで、時間が経つとたくさん出てきてしまう。
だから、きゅっと結んだ。そしたら出にくくなった。

な~んだ、簡単なことだったんだ!
そういえば、帯は今は結ばないで折り畳む方式が主流だけど、昔はみんなうしろで一結びしていたらしい。(だから“結ぶ”って言うんだ)
それなら時間が経っても、帯は崩れないよね。

さすがに実際に結ぶのは、帯が傷むし難しそうなのでトライしてみる気にはなりませんが・・・
EDIT  |  13:08 |  着付け  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2007.07/28(Sat)

浴衣の下に着るもの 

街を歩いていても気が付くし、お客様と話をしたりもするのですが―
浴衣の下に何を着るか、補正はどうするかは、皆それぞれが悩んでいるみたい。
また、若い娘さんは和服の下着のことをよく知らないので、洋服のときのままの人が意外に多いようです。
上半身は素肌に普通のブラ、下はパンツだけ、みたいな。

さすがに、それはマズイ!!!
着ているうちに胸がはだけて、どんどん着崩れていってしまう。
お尻の間に浴衣が食い込んじゃってる子もいるようです・・・(怖)

半袖の浴衣スリップ(ワンピース型)、なければタンクトップ型のキャミとペチコートだけでいいから着けたほうがいい。(洋服用のブラはしないで!) お腹周りにはタオルを半分に折ったものを巻きます。

ちなみに私は、肌襦袢+裾よけ(夏の)もしくはステテコを着けて、補正はさらしをお腹から胸まできつめに5巻きくらいして、さらにお腹にはハンドタオルを半分に折ったものを置いています。(涼しい季節は和装ブラもいいけど、汗をかく季節に化繊モノはひどい汗疹になる)
普通の着物のときはハンドタオルは使わないけど、浴衣は薄い分体の線がバッチリ出るので、あったほうが断然見栄えが良い。

まぁ、その人それぞれで体型が違うから、自分が一番スタイル良く見える補正を試行錯誤しながら見つけていきましょう。ぽっちゃりしてる人がタオルを巻きすぎると、確かによけい大きく見えてしまうし。
私もまだ研究中なのです。

一番面白いのは、ステテコのとき。
帰宅してぱ~っと浴衣を脱ぐと、さらしにステテコ、汗まみれのおっさんも顔負けの姿が現れる・・・
まさに“百年の恋も冷める”格好であることは間違いない!!
EDIT  |  14:37 |  着付け  | TB(1)  | CM(0) | Top↑

2007.04/13(Fri)

コーリンベルト 

着物を着始めた頃に買ったコーリンベルト。
1~2回ほど着付け本に従って使ってみたけれど、なんとなく使い勝手のよさが感じられないのでやめてしまい、それっきり使った事はありませんでした。
ベルトの調整が難しい。短いと引っ張られて襟が詰まるし、長いと全然意味がない。
また、アンティークの錦紗なんかは生地が傷みそうで、怖くて使えなかったこともあって。

初めてポリ着物を着たとき、着付けが緩かったのか(私なりの普段どおりではあったのだけど)、広襟がきっちり折れなくて、襟が広がって着崩れてくるのに閉口しました。
そこで、はたと思い出した
コーリンベルトでバシッと挟んで引っ張ってみればいいんじゃない?

やってみれば思ったとおり、襟が広がらない。バッチリ!でした。

ポリってあまり体に添わないというか、天然の素材よりずっと重力があるように感じる(私の持っているものは実際に重い)。襦袢とも馴染みあわない。なので、少しきつめに着付けないと、動いてる間に体から分離してユルユル下がってきちゃう。
私は胸元が紐でごろごろするのが嫌で長着には紐は使わず伊達締めだけなので、よけいに胸元が広がりやすかったのかも・・・

一回使ってダメだった着付け小物でもほっぽっておかないで、臨機応変に使ってあげることも大事なのですね。
EDIT  |  01:19 |  着付け  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2007.02/07(Wed)

お太鼓の角をどうするか 

最近、○ixiの着物コミュの話題の中で、「お太鼓の角をまっすぐ直角にするのは娘さん、丸くするのは年配者」のように書いてありました。
へぇ~そうなんだ。知らなかったわ。
よく、“粋好みの東京では角をきっちりカッキリ、はんなり好みの関西ではやわらかく丸くする”、とは聞きますが。

で、今日『千羽鶴』という1953年の映画を観たら本当にそうなってた!
若い娘さんはかっきり四角に、その親世代の女性は角を軽く折り込んでま~るくなってる。

着物を日常に着ていた時代の映画は、ほんと着付けの参考になります。
で、私くらいの年齢だとどっちにすればいいのかな。やっぱり後者かな。迷うとこです。
個人的には丸くなってるほうが風情があって好き。

ただ、私の場合なんとか全体が曲がらないように結ぶのがせいいっぱいで、とてもそこまで気を配る余裕はなさそうです。
EDIT  |  21:40 |  着付け  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2006.11/27(Mon)

衣文抜きの悩み 

着物を着始めた頃からの悩みなのだが、どうもうまく衣文を抜くことができない。
着たときにはきれいに抜けていても、歩いたり動いたりしているうちに襟が詰まってきて、するとどんどん襟合わせが浅くなってきてしまうのだ。つまり、後ろ襟が閉じてきて前の襟が落ちてくるというわけ。
襟が落ちてくると、なんとなくアダっぽいというか、年寄りっぽくなってどうもよろしくない。
以前「衣文抜きつけたほうがいいよ」と教えてもらったのでそうしたんだけど、あんまり変わらないみたい。どうすればいいのかなぁ~。

着る着物によっても違うし、長襦袢によっても大きく変わる。
アンティークの長襦袢だと特に襟が抜きにくいのは、仕立てのせいなのかな。(和裁のことはよくわからないけど)袂の長い襦袢で、襟を抜かないで着るお嬢さん用だからかな~と考えてみたり。

ただ私の場合、首が長くて肩幅が極度に狭いので、あんまり抜きすぎるとかえって気絶するほど悩ましくなる・・・んじゃなくて、それを歌ってたヒトみたいになっちゃうんですが。

rokurokubi.jpg
首が長いんです―

テーマ : 着物・和風小物 - ジャンル : ファッション・ブランド

EDIT  |  17:11 |  着付け  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。