--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.12/12(Mon)

成人式の着物 

娘が二十歳になり、年明けの成人式に出席することに。
混み合う本番より前に、写真の前撮りをしました。

一般的に、写真は前に撮っておくみたいですね。
早い人は春くらいには済ませてしまうとか。

振り袖をどうするか、ここしばらくの懸案事項でした。
一昨年くらいから呉服屋よりダイレクトメールや電話がバンバンあって、嫌でも考えざるを得ない状況。
購入はキビシイし、レンタルはセンスのいいものが少ない。アンティークなら可愛いけど・・・等いろいろ考え、結局実家にあるものを着ることに。せっかく自分ちのがあるのだからね。家族も喜ぶし。

私自身は成人式に出なかったので(引越しで知人がいなかったから)振り袖ではなく訪問着を作ってもらいました。
なので振り袖と帯は二人の妹のものをそれぞれ拝借。

P1020365 (333x500)

レンガ色の地に辻が花絞りの着物に、古典柄の刺繍の袋帯を合わせました。
組み合わせはいつもお世話になってるアンティーク屋さんにアドバイスしてもらいました。多謝!
(この日外は雨が降っていたので、濡れてもいいようとりあえず黒い下駄を履いています・・・)

DVC00524 (300x292)

帯揚げはponia-pon、帯締めは近所の呉服屋で購入。
牡丹の刺繍半襟は私のを流用。山吹色の伊達襟は購入時に振り袖に付けて仕立てたようです。

DVC00523 (281x500) (169x300)

帯結びは立て矢の変形とのことで、多少時間が掛かるので成人式当日は違う結び方になりそう。
着付けはいつもカットで通っている美容室で。実は七五三のときも同じ美容師さんに着付けしてもらっているので、もうずいぶん長いお付き合いになります。成人式ということで、美容師さんもとても喜んでやってくださいました。

手持ちの着物だったけれど、小物などはそれぞれ考えて合わせていき、母子ともども満足のコーデになりました。
コーデを考えるの、楽しかった~!! 私が着物好きでほんとに良かったと思いました。知らなかったら、呉服屋さん(やレンタル屋さん)の言うがままになり、こんなものかな?といまひとつ納得できないで終わっただろうから。
ちょっと手を出しすぎかなぁとも思ったけど、娘にも感謝されたし、とにかく無事に終わって良かった。いや、本番はまだこれからか・・・・・・
スポンサーサイト
EDIT  |  15:23 |  着物いろいろ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.01/18(Tue)

マイブームに思うこと 

昨年の秋くらいからキモノ・マイブームで、ちょっと前までは“着物着るのめんどくさいな~、でもたまには着ないと忘れるな~”なんて思ってたほどなのに、最近はちょっとしたことでも着て出かけたくて仕方ない。

なんでかな~と考えてみるに、今無職でヒマな時間があるということもあるんだけど(仕事してるときは休みの日にやらなければならないことが多いので)、一番大きな理由は、自分の好きな着物に年齢が追いついてきたことなんじゃないかな、と思います。

私はアンティークが好きだけど、いわゆるアンティーク女子的な甘い、ガーリーで華やかなものにはあんまり興味がなくて、どちらかというとモダンで、大人っぽく、隠れた毒があり、女らしい情緒を感じさせるような着物が好き。(着物だけではなく、洋服も、小物なんかの趣味もそう)
でもそういう着物って得てして地味な感じになりがちで、自分の持つ雰囲気に対してのコンプレックスもあり(着物を着て暮らしてる和の人みたいになる)、なんとなく“自分の抱くイメージと違うな~”と気持ちが離れがちになっていました。

だけれど、30代半ばで着物好きになって8年ほど経って一回りして、年齢的にも女濃度(笑)が上がってきて、そういう着物を自然体で着られるようになった気がします。
元々可愛いらし過ぎる着物は持ってないから、最初の頃買った着物がピンとこないということも無く、年を重ねた分、買った当時とはまた違う雰囲気で着られるんじゃないかなぁ。

仕事で忙しくなってきたらまた着る余裕が無くなってくるだろうから、今のうちにたくさん着ておきたいなと思う。
EDIT  |  11:23 |  着物いろいろ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.10/19(Sun)

かわいい着物画像 

ネット上で素敵な着物姿を見つけると、保存して取っておくようにしています。

著名人の着物姿、やっぱり素敵なのは女優さん。演技力かしらね。
モデルさんは着せられてる感じがすごくするので、あんまり素敵な人はいません。
(その人がほんとに好きで、趣味で着てる人はまた別だけど)

最近PCが壊れて初期化したため、その取っておいた画像はほとんど失ってしまいました。
また、ちょっとずつ集めてます。

で、今いちばん気に入ってるのはこれ。
114704671_153.jpg

たぶん、シイナリンゴさん(←すみません、検索よけ)だと思うんだけど。
縁側で二胡持ってるのが可愛いな~と。
(いかにもポーズっていうか、これじゃ弾けないですが)
リンゴちゃん、音楽的には興味ないんだけど、着物着る人の雰囲気持ってて良いです。
EDIT  |  22:11 |  着物いろいろ  | TB(0)  | CM(5) | Top↑

2008.08/15(Fri)

着物ともだち 

以前から親しくしていた友人が、突如キモノに目覚め、アンティークを買ったと一式見せにきてくれました。

もともとオシャレな人なので、着物にはまるのも時間の問題(?)と思っていたのですが・・・・・・
そんな兆候もなく突然だったので、ちょっとビックリ。

でも、かなりのハマリようと見受けられましたよ。

やはり来るときは突然来るんだね!!うはは。

私の所有品見せるために(といっても、たいした数もないんだけど)、着物や帯を久しぶりに箱から出したりしてみました。最近着物熱が下がっていたこともあって、とーっても刺激を受けた!虫干しにもなったしね。

今年は浴衣の販売のアルバイトもなかったので、結局未だ夏着物どころか浴衣さえ着る機会もないんだけど、月末にはちょっとした集まりがあるし、あんまり暑いとか忙しいとか言い訳しないで着物着ることを楽しまなくっちゃね。
(実際、暑いことは非常に暑いんだが。温暖化憎し)
EDIT  |  02:47 |  着物いろいろ  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2007.12/05(Wed)

着物を着るパワー 

着物を着るってけっこうパワーがいる。
組み合わせを考えたり、縫い物などの下準備をしたり、着るのにも時間をかけたり。

普段キモノを実践してる方もいるけど、私の場合は普段は洋服を着て、特別にオシャレしたいとき、すっごく気合を入れたいお出かけにのときに着物を着る。
だから着物を着るのは、うれしいとき、楽しいとき、わくわくしてるとき、晴れやかな気分のときだ。

そうでない気分のときには、着物は着られない。

年内いっぱいは、着物を着て出かけることはきっとないと思う。
年が明けて、そういう気分になれたらうれしいのだけど、どうだろう。。。

EDIT  |  00:56 |  着物いろいろ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2007.06/21(Thu)

手ぬぐいワークショップ 

「手ぬぐいを染める」ワークショップに参加してきました。
会場は下北沢のギャラリィ トウキョウ ジョウさん。
P1000758.jpg

型染め方式だったので、ステンシル感覚で初心者でも比較的簡単に、きれいに染めることができました。

好きな型を選び、絵の具で色を作ったら、堅い筆で叩き込むようにして色を乗せていきます。
KIF_2407.jpg

型は他の参加者の方と取替えっこしたりしながら、約4時間、夢中でひたすら筆を叩き続けました!
けっこう疲れた・・・
KIF_2409.jpg

こんな感じで出来上がり。
KIF_2411.jpg

蓮の花の中で、カエルが泳ぐの図。
KIF_2416.jpg

もっとゆっくり構図を考えながらやれば、もうちょっと良くなったのにな~とも思うけど、初めての行き当たりばったりにしてはまあまあ可愛く出来たので、自分なりには満足でした。
白生地のままではつまらないので、全体を薄い水色に染めてみたい。

先生は友禅染め作家の方。とっても可愛らしい先生でした。
友禅染めの体験講座もやってらっしゃるということなので、次はこっちにも参加したいなぁ。
なんと手描きの半襟なんかも作れるらしい!!
EDIT  |  08:27 |  着物いろいろ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2007.06/04(Mon)

6月の帯 

6月に入ったら着物は単衣。
それくらいは私も心得ているのですが、問題は帯や小物。
何をあわせたらいいのか、よくわからない。

着物の本などを見ると、単衣にあわせる帯は、
①6月上旬は塩瀬などの軽い帯や、献上などの単衣帯。
②下旬になったら、絽や紗などの夏帯。
などと書かれています。

5月末ごろ、デパートで見掛けた着物軍団のおばさんたち(5~6人)は皆、かなり軽そうな単衣帯だった。

でも、単衣の長着に昼夜帯でも別にOKとのこと。
(アンティークでは、夏帯の昼夜帯なんてのも存在するみたいだし)
だいたい、盛夏の浴衣でさえ袷の半幅を合わせるんだから、それを考えると6月なら昼夜でも全然おかしくはない。(※昔は浴衣帯は単衣の半幅に決まっていたらしいが、今は袷が多い。)

決まりごとを忠実に守りたいという気はさらさらないのですが、何が最低ラインか、ということくらいはザックリ捉えておきたいと思う。
で、一応自分なりに考えてみると、
①体感温度がかなり暑くなってくるまでは袷や昼夜でもOK。
②7月が近付いてかなり蒸し暑くなってきたら、もしくは見た目が暑苦しいという時期になったら夏帯。
③単衣は適宜に。
という感じでしょうか。。。
EDIT  |  00:04 |  着物いろいろ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2007.05/25(Fri)

替え袖製作中 

先日のフリマで手に入れた、麻の縮みの夏着物。
かなりハリハリしています。
KIF_2357.jpg

私はどちらかと言うと、ハリのある素材は苦手。
というのも、身幅はないけど厚みがけっこうある(骨は細いけど、肉がぼよぼよついている)から、すごくでっかく見えてしまう。
着物って体の一番太い個所にあわせたまっすぐの線になるから、体型によってはそんなに太ってなくても、エライ太ってみえたりするわけです。特にハリのある素材だと、その形でガッチリ完全にキープされちゃう。
そういう意味では、胸が薄くて下半身がしっかりした、純日本人体型の人がいちばん着物が似合うと思う。

ま、それはいいとして。
袖の長さを計ったら、なんとも半端な46cmほど。一尺2寸くらいなのかな?手持ちの襦袢じゃ合わないので、替え袖だけ作ることにしました。
探してみたら、以前にやはり替え袖を作ったときの残りのきれがあった。(このときは長めの袖を作った)が、縦に布を取ると長さが足りないので、横に使いました。コットンレースだから、横にしてもそれほど違和感ないはず・・・
KIF_2356.jpg

どうせ袖の中に隠れちゃうとこだから、そのへんはテキトーで。
製作と言っても全然たいしたことではなく、袖幅に合わせた長方形の布を縫い目が見えないように縫い付けて、両端を三つ折り、まつり縫いするだけ!1~2時間くらいで出来る。
着物の薄い地からレースが透けて可愛いしね。
EDIT  |  09:43 |  着物いろいろ  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。