--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.01/12(Mon)

新春浅草歌舞伎 

歌舞伎好きなお友達が声を掛けてくれ、浅草公会堂で行われている「新春浅草歌舞伎」を観てきました。(感想はまた本家に)

着物好きに歌舞伎好きは多いけれど、私は生まれて初めての歌舞伎観賞。
ちょうど「着物で歌舞伎」というイベントの日で、館内で案内してる人はもちろん、お客さんもほとんどの人が着物姿。それこそ、小さな男の子女の子からお兄さんお姉さん、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、外国人の方まで!! 

着物も、晴れ着からつむぎなどのカジュアル着、アンティーク、レースふりふりの姫系、日本髪のお嬢さんといろんな姿があって、お客さんを観ているだけでウキウキしちゃうくらい。いや~壮観でした。

洋服で着た人のためには半纏貸し出しがあったり、着物の着崩れを直すスペースもありで、イベントを盛り上げようという心意気が感じられて、とても楽しかったです。


さて、この日の着物。

DSC05210.jpg

歌舞伎だから、あんまりくだけ過ぎはダメかな?けどフォーマルも堅苦しくて楽しくないし、お正月だから多少は華やかにしたいし・・・・・・と、いろいろ考えた末がこれ。
梅の花にあられ水玉模様の小紋、銀糸が織り込まれたほんのちょっと格の高い帯(でも名古屋)、江戸っぽさを意識して麻の葉文様の帯揚げ。(この写真にはないけれど、草履もいつものよりちょっと上品なのにしてみた。)

26763181_1346036041_sh01.jpg

地味にならないよう、半襟は刺繍半襟に。

スポンサーサイト
EDIT  |  15:49 |  おでかけ  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。