--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.01/30(Sun)

お直し 

お直しに出していた着物がきれいになって帰ってきました。

DVC00154.jpg

どちらもさらささんのところでもう何年も前に買ったものだけど、最近はあまり着る機会のなかったコたち。
(1枚はプロフィール画像に使ってますが)

紫のよろけ縞は袖丈直し。
柄がまさになよなよ~っとした大正浪漫で、これで袖丈まで長いと私の年齢ではやりすぎ感があり気恥ずかしかったので1尺4寸ほどに。

黒地に横段と薔薇の銘仙は、袖裏が黄変していたので新しい裏地に取替え。

着物好きの人たちはもう着なくなったものを気前よく処分(売ったりあげたり)する人も多いけど、私は執着心が強いのか、気に入って買ったものはずっと手元に置いておきたいタイプ。あまりに似合わなくなって「気持ち悪いよー」と言われるまでは、まだまだ着続けようと思っています。

他にも、いただいた古着で裏地が汚れていて着る気にならない小紋があるのだけど、これも追々メンテしておこう。
スポンサーサイト
EDIT  |  17:44 |  お手入れ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.01/24(Mon)

新年会 

着物仲間の新年会へ行ってきました。

場所はカレッタ汐留の中にある、The Seasonerというイタリアンレストラン。
貸切りでビュッフェスタイルのパーティでした。お料理美味しかった!
総勢50名近くいたので、うかうかしててお代わりしそびれてしまった。残念。

この日の着物。

DVC00152.jpg
さらささんのネットショップで買った青紫色地の南天柄の散歩着を着ました。

DVC00150_sh01a.jpg

画像ぼんやりしてますが、帯もさらささん、こちらはヤフオクで。
何年か前に落札した、青磁色にショッキングピンクの大きな牡丹、ラメも入っててなかなかゴージャスな織の帯。手持ちのもので合う着物がなく、あまり出番がなかったのですが、今回この散歩着と合わせてみたらバッチリでした。(というか、この帯に合わせたくてこの散歩着を買ったようなものなのだ)

全体に葉脈のような模様が入っていて、裾模様には一面南天の柄が描かれており、ちょっと妖しい雰囲気。帯締めは友人からいただいたお手製の丸ぐけ。

DVC00147.jpg DVC00148.jpg
 

やはり牡丹の刺繍半襟に、薄いピンクの伊達襟を挟んでみました。
DVC00153_sh01.jpg

イメージソースは、映画「ツィゴイネルワイゼン」。
この世とあの世との境目のような幻想的なラストシーンに登場する小稲・・・っぽくしたかったのですが。
EDIT  |  16:22 |  おでかけ  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2011.01/18(Tue)

マイブームに思うこと 

昨年の秋くらいからキモノ・マイブームで、ちょっと前までは“着物着るのめんどくさいな~、でもたまには着ないと忘れるな~”なんて思ってたほどなのに、最近はちょっとしたことでも着て出かけたくて仕方ない。

なんでかな~と考えてみるに、今無職でヒマな時間があるということもあるんだけど(仕事してるときは休みの日にやらなければならないことが多いので)、一番大きな理由は、自分の好きな着物に年齢が追いついてきたことなんじゃないかな、と思います。

私はアンティークが好きだけど、いわゆるアンティーク女子的な甘い、ガーリーで華やかなものにはあんまり興味がなくて、どちらかというとモダンで、大人っぽく、隠れた毒があり、女らしい情緒を感じさせるような着物が好き。(着物だけではなく、洋服も、小物なんかの趣味もそう)
でもそういう着物って得てして地味な感じになりがちで、自分の持つ雰囲気に対してのコンプレックスもあり(着物を着て暮らしてる和の人みたいになる)、なんとなく“自分の抱くイメージと違うな~”と気持ちが離れがちになっていました。

だけれど、30代半ばで着物好きになって8年ほど経って一回りして、年齢的にも女濃度(笑)が上がってきて、そういう着物を自然体で着られるようになった気がします。
元々可愛いらし過ぎる着物は持ってないから、最初の頃買った着物がピンとこないということも無く、年を重ねた分、買った当時とはまた違う雰囲気で着られるんじゃないかなぁ。

仕事で忙しくなってきたらまた着る余裕が無くなってくるだろうから、今のうちにたくさん着ておきたいなと思う。
EDIT  |  11:23 |  着物いろいろ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.01/15(Sat)

帯結び練習 

短い帯を結ぶ練習のために着物を着てみました。

DVC00142.jpg
かなり青みがかったエメラルドグリーン地に薔薇の唐草模様の銘仙。
数年前にponia-ponで「akkoさんに似合いそうな着物が入った」と見せていただいたもので、派手ではないけど銘仙らしいpopな鮮やかさが気に入ってます。
帯もponiaの昼夜帯(表はデコ柄なのに、裏は唐獅子牡丹!)、帯留めはかろんさんの薔薇のカメオ。帯締めは先日池田重子展で、あったら便利そうだな・・・となんとなく買ったもので、すぐに役立って良かった。

DVC00143.jpg
あ~やっぱりこの帯好きだわ。
長さが300cmほどしかなく、普通にお太鼓にするには短く、一巻きだけにすると長く、銀座結びなら出来るけど芯がかなり厚いので上から何か羽織るには大きくなりすぎる。
というわけでなかなかうまく結べないでいたのだけど、最近いろいろ実験してみた結果、先にお太鼓作って背負ってから体に巻く、という方法で解決することが判明。

DVC00141.jpg

お太鼓の上の線がちょっとナナメってますが、なんとか結べました。

せっかく着たのでこのままponia-ponに行き、ずっと気になってた着物を思い切って!買ってしまいました。私の好みド・ストライクの今着てもカッコいい、そしておばあちゃんになっても着られそうなステキなもの。早くお披露目したいな~。
EDIT  |  11:37 |  着付け  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.01/09(Sun)

絵本の黄金時代展 

上野にある国際こども図書館に「絵本の黄金時代」展を観に行ってきました。
(展示のついての感想は別blogに記します)

1920~30年代の海外の絵本がテーマなので、カジュアルでちょっと洋風な着物で。

DVC00137.jpg

アイスキューブみたいな小紋にチューリップ柄の帯。
この寒空にチューリップはさすがに気が早過ぎるのですが、絵本をイメージしたということで許して。この帯はもう3~4年前にponia-ponで購入したもので、チューリップの咲く時期にいつも着る機会を逃していたので、今回初の出番となりました。
だって春って雨が多いのよ・・・ あまり季節にとらわれるとなかなか着られなくなっちゃうので、無粋は承知でどんどん着ることにします。

DVC00134.jpg DVC00138.jpg

帯周り。甘くなりすぎないよう藤色の帯揚げにしてみました。帯留め帯締めは一昨日のと同じ。いろいろ持ってるけど結局これが一番使いやすいんだなぁ。お太鼓部分の画像粗くてごめんなさい。

P1010875a.jpg
EDIT  |  23:03 |  おでかけ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.01/07(Fri)

アンティーク着物展 

着物モード盛り上がりちう!

で、2つのキモノ展をはしごしてきました。

まずは池袋コミュニティ・カレッジでアンティーク着物の講座を持ってらっしゃるponia-ponの大野らふさんによるミニ展覧会。場所はコミカレのロビー。

DVC00125.jpg

とにかく可愛い!!
甘くて個性の強い銘仙や帯が春夏秋冬の季節ごとに並べられ、そこだけが異空間のよう。現代のフィルターを通して見た、昭和初期の少女の世界。置かれてある小物がまた魅力的なものばかり。学習院と銘仙の関係性なんていう個人的に大変興味深い(!)記述もありました。

その後は松屋銀座の池田重子展へ。

ikedashigeko.jpg

日本のおしゃれ展、これを観るのは私は3回目くらいかな?
今回も芸術的な着物や帯、小物の数々を目にし、すごいね!すごいね!の連発。目の保養になりました・・・ 昔の手仕事ってほんとに素晴らしいわ。

この日の着物
DVC00131a.jpg DVC00129.jpg 
マダムっぽくしたかったので、持ってる中ではいちばんオーソドックスな紺の紬を着てみた。帯は原色過ぎてなかなか合う着物がない南国ちっくな昼夜帯。イメージはこれだったんだけど、全然違うわな・・・
DVC00132.jpg DVC00130a.jpg

EDIT  |  22:59 |  おでかけ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.01/04(Tue)

着物初め 

2011年の着物初めは、毎年恒例の家族の新年会。

DVC00120.jpg
フリマで友人より格安で譲ってもらった黄色×紫の格子縞の紬に、秋にponiaでgetした染め昼夜。
何寸帯というのかな?通常の帯より幅が狭いので、ちょっとずらして巻いています。大人っぽい可愛さですごく気に入ってるんだけど、すごく柔らかい&お太鼓が若干細めになってしまうので、大木に蝉が止まっているようにならないよう(笑)多少注意が必要かも。
帯揚げの水色が少し濃い目なので、もうちょっと合わせやすい薄い色のが欲しいなぁ。


春にも行った新宿センチュリーサザンタワーのほり川で会食しました。

P1010850.jpgP1010855.jpgP1010857.jpgP1010861.jpg
P1010863.jpgP1010864.jpgP1010866.jpg

とっても美味しかった!
お昼過ぎに行ったのだけどお店は満席。お正月から繁盛してました。景気回復傾向?


P1010872.jpg
EDIT  |  01:28 |  おでかけ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。