--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.01/30(Tue)

それから 

着物映画で好きな作品といえばまず思い出すのが、森田芳光監督の『それから』。
松田優作と藤谷美和子の共演で、公開当時とても話題になった映画です。

どんな映画でも製作された年代の色が出るものだけど、これは1985年製作ということで、全体に80年代のフィルターを通した明治時代になっているのが面白い。
衣裳でいえば、小林薫の着ているだぶだぶ過ぎる麻の上下とか、羽賀研二の髪型なんかに80年代を感じる。(あんなくるくるパーマの掛かった書生がいるかいっ!)

映画としてももちろん良いのですが、なんといっても女性陣の着物が素晴らしい。
明治時代の若い女性は絶対こんな合わせ方してなかっただろうと思うような、かなり奇抜な合わせ方をしている藤谷美和子。
華やかなマダムの草笛光子や、お金持ちのお嬢様らしい森尾由美の着物など、それぞれ雰囲気の違ったコーディネートが楽しい。

特に三千代(藤谷美和子)がはじめて代助(優作)の家を訪問するときの着物。半襟、長着、羽織と、すべて目の覚めるような大きな柄で違う色味を重ねているコーデはすごい!!
また、家事をしているときは木綿の縞のような着物を着ているのに、半襟は黒地の大柄だったりして、これも単なる地味には終わらないインパクトがあります。
私は4人でお花見をしているときの、紫の絞りの羽織を着ているコーデが、はんなり優しげな美和子に似合ってて好き。(ただし、三千代役にふにゃふにゃした美和子は合っていないと思うけれど)

マダム草笛光子も、まさに大人のアンティークという迫力満点。この方の着物姿大好き!!
60年代の映画でのバーのママ役などもハマっているし、アンティークもとてもよく似合っていて、いかにも着慣れた人らしく所作も美しい。
最初の登場シーンと、ラスト近くで代助に真意を聞くシーンで着ているものが特に素敵です。
前回触れた『着物女のソコヂカラ』に東映の衣裳室が写っていたけれど、この素晴らしい着物たちもここに収蔵されているものなのかな。

まるで着せ替え人形のごとく(良い意味で)素晴らしいアンティーク着物が次々と登場する、着物好きにはたまらない映画です。

それから それから
羽賀研二、夏目漱石 他 (2005/11/21)
東映
この商品の詳細を見る
↑どうでもいいけど、この説明なに??
主役は松田優作で羽賀研二はちょい役だし、だいたい漱石は出てきませんっ!!
スポンサーサイト
EDIT  |  13:11 |  映画・TV  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。