--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.03/13(Tue)

「着物中毒」 

図書館で借りてきた、作家の中島梓(栗本薫)氏による着物エッセイ本。
着物好きの母に育てられ、小さな頃から長唄など邦楽に親しんできた著者の、着物にまつわる思い出や着物に対する考えなどが、かる~い調子で綴られています。

着物好きな作家って、必ずこういう着物本を出すんだなぁ。
古くは宇野千代とか(この方は着物のプロだけど)、ちょっと下がって宮尾登美子、さらに下がって林真理子、群ようこなどなど・・・着物の写真だけじゃなくて、まるでモデルさんの如く必ず着姿もカラーで載ってて。洋服ではまずそんなことないのに!
今や着物blogも山のようにあるし、(もちろん自分も含めて)着物っていうのはどうしてこんな風に晒したくなっちゃうんだろう。。。

中島梓さんの本は、長いこと着物を着てる方なのに低い目線で着物を見ていて、フツーの人の感覚にとても近い感じがしました。ネットで安い着物をばんばん買ってるようだし、着物着る=コスプレと捉えてる。

また、例えばさらしでぎゅうぎゅう補正すると取った後かゆくなるとか、下駄も草履も慣れないと足がつるとか、実感としてよくわかるリアルな体験談もあって、そのあたりが面白かった。
それから、乳がんを患って片方の胸を切除したそうなんですが、もう片方の胸はすごく大きくて、そういう場合の補正の仕方とか、生々しいくらいのことも書かれていてちょっとビックリ。

ただ、着物に関するスタンス的なものはとても共感できたんだけど、さすがにこの文体はよろしくない、と思います。ネット上ではなく書籍なのだから、「顔文字」や「(爆)」連発はとても気になる。若者話し言葉もきれいじゃない。
カジュアル感を出そうとしているのはわかるけれど、あえてそういうものを使わなくてもじゅうぶん伝わると思うんだけど。
きれいな物について書いているのだから、日本語もきれいなほうがいい。

余談ですが、群ようこのことは「群ようこさん」なのに、林真理子は「先生」付けなのがちょっと可笑しかった。嫌味かな・・・


着物中毒 着物中毒
中島 梓 (2006/12/21)
ソフトバンククリエイティブ
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
EDIT  |  01:26 |   | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

なんかわかる。耽美、退廃、繊細、とかに憧れてるけど真逆な人で奥ゆかしいとか楚々とかも関係なくて、ワタクシ的には、口が裂けても好きとか言えないけど、すごい痒い時に掻きむしるようなM的快感やら怖いモノ見たさやら嫌悪するオバチャンに対して相身互いを感ずる瞬間やらいろんな快感を与えてくれる人です(笑)。
沙悟嬢 | 2007.03.17(土) 16:43 | URL | コメント編集

あはは!わかってもらえますか~(笑)
栗本薫の小説がすごく苦手だったんで、この方の著書ってほとんど初めて読んだも同然なんだけど、いろんな意味で面白かったです。
林マリコ氏と、着物対談してほしいな~!(爆)←この本のまね・・・
akko | 2007.03.18(日) 00:38 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。