--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.04/13(Fri)

コーリンベルト 

着物を着始めた頃に買ったコーリンベルト。
1~2回ほど着付け本に従って使ってみたけれど、なんとなく使い勝手のよさが感じられないのでやめてしまい、それっきり使った事はありませんでした。
ベルトの調整が難しい。短いと引っ張られて襟が詰まるし、長いと全然意味がない。
また、アンティークの錦紗なんかは生地が傷みそうで、怖くて使えなかったこともあって。

初めてポリ着物を着たとき、着付けが緩かったのか(私なりの普段どおりではあったのだけど)、広襟がきっちり折れなくて、襟が広がって着崩れてくるのに閉口しました。
そこで、はたと思い出した
コーリンベルトでバシッと挟んで引っ張ってみればいいんじゃない?

やってみれば思ったとおり、襟が広がらない。バッチリ!でした。

ポリってあまり体に添わないというか、天然の素材よりずっと重力があるように感じる(私の持っているものは実際に重い)。襦袢とも馴染みあわない。なので、少しきつめに着付けないと、動いてる間に体から分離してユルユル下がってきちゃう。
私は胸元が紐でごろごろするのが嫌で長着には紐は使わず伊達締めだけなので、よけいに胸元が広がりやすかったのかも・・・

一回使ってダメだった着付け小物でもほっぽっておかないで、臨機応変に使ってあげることも大事なのですね。
スポンサーサイト
EDIT  |  01:19 |  着付け  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。