--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.10/31(Wed)

帯揚げ結ぶか結ばないか 

着付けで難しいと思うことはいろいろあるけど、そのひとつが帯揚げ。
得意な人にはなんてことないんでしょうが、私には難しいんだな~。

帯の上からちらっと見える帯揚げ、あんまりぎゅうぎゅうに帯に押し込んで見えなくしてしまうのもつまらないし、でも多めに出しすぎると若作りっぽい。ちょうど良い加減が難しい。
また、動いているうちに、だんだん帯揚げが出てきてしまうのも困りモノ。

でも最近ハタと気がついた。
実は私、帯揚げ結んでいなかったの。
結び目がきれいに出来ないと悩んでいたら、「結ばなくても、折りたたむだけでいいんですよ。そのほうがキレイ」と教えてもらって、それからずっと折り畳んで帯にしまう方式を取ってた。

だけど、だんだん崩れてくるっていうのは、やっぱり結んでいないからなんだよね。
少しずつ緩んで、時間が経つとたくさん出てきてしまう。
だから、きゅっと結んだ。そしたら出にくくなった。

な~んだ、簡単なことだったんだ!
そういえば、帯は今は結ばないで折り畳む方式が主流だけど、昔はみんなうしろで一結びしていたらしい。(だから“結ぶ”って言うんだ)
それなら時間が経っても、帯は崩れないよね。

さすがに実際に結ぶのは、帯が傷むし難しそうなのでトライしてみる気にはなりませんが・・・
スポンサーサイト
EDIT  |  13:08 |  着付け  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。